薬剤師の紹介予定派遣のメリットとは?

管理薬剤師 → 薬剤師が仕事をする場合の紹介予定派遣の知識

薬剤師が仕事をする場合の紹介予定派遣の知識

派遣社員で仕事をする――こういったことが日本社会で定着しています。 この中で最近になって<紹介予定派遣>という言葉を頻繁に耳にするようになっています。 普通の派遣と紹介予定派遣はどのように違うのでしょうか。

ここでは、薬剤師が仕事をする場合の紹介予定派遣の知識を増やしておきましょう。

ひとことで紹介予定派遣を説明すると<正社員になることを想定して派遣社員として仕事ができるワークスタイル>と言って良いでしょう。 具体例をあげると、1月から3月の間の期間は紹介予定派遣として仕事をして4月以降は正社員になる――これを想定して派遣として仕事をするわけです。

派遣社員として仕事をしていきながら採用する企業側も就職を希望する薬剤師も仕事の中身や条件に問題がなければ、そのまま正社員薬剤師として切りかわることになります。 けれども、どちらか一方が承諾しなければ就職はできないというシステムです。

結婚する場合のお見合いと似ています。 どちらか一方が断れば結婚にいたりませんし、双方が合意すれば結婚というゴールインになるのです。 「紹介予定派遣は良いシステムである」と思います。 雇用する企業側としても、実際に薬剤師を雇って「失敗した」とか「こんなはずじゃなかった」ということにはならないでしょう。

就職希望者の薬剤師も入社してから「自分にはあわない」ことはありませんから、双方にメリットがあるしリスクが少ないです。

雇ってから<気に入らないから首だ>なんて簡単にできるはずがありません、 派遣社員側にとっても、面接の時には「有給休暇が普通にとれる」と聞いていたのに実際に入社したら全く有給休暇がとれない――なんて話しが違うこともありません。

外部から見ていたらとても仲の良い職場に見えるけれども、実際に仕事をした場合には派閥争いでギクシャクしていることもあるのです。 だから紹介予定派遣で<ここなら長く働けそうだ>と思ったら正社員として仕事をすれば良いでしょう。