管理薬剤師は適性もありますよ!

管理薬剤師 → 管理薬剤師って資格が必要?!

管理薬剤師って資格が必要?!

薬剤師としてのキャリアアップを考えた際、いくつかの進路がありますが、その中の1つが管理薬剤師だといえるでしょう。 ところで、管理薬剤師になるためには、資格は必要なのでしょうか。結論としては、資格は必要ありません。ある意味、薬剤師であれば、誰でもなることができるのが管理薬剤師だといえます。

そのため、勤務先によっては、薬剤師としての経験が浅い人が、管理薬剤師を勤めることも十分あるといえます。しかし、経験が浅い薬剤師が管理薬剤師になると、業務上で様々なトラブルが起こるケースもあり、結果的にある程度の経験がないと務まらないのが現状です。

ちなみに、管理薬剤師は、医薬品の販売や製造などを行う企業、医療機関で、必ず置かなければならない決まりとなっています。 また、医薬品の製造、販売、管理などに関する責任者という立場にあるため、一定の知識や経験はもちろんのこと、責任感がある人でなければ務まらないといえるでしょう。

それだけではなく、薬剤師を統括していかなければならないため、リーダーシップも求められます。 主な業務内容については、各職場で若干の違いがありますが、基本的には、調剤や服薬指導はもちろんのこと、薬事法に関する理解、医療保険、医療事務に関する理解がなければ務まらない業務がほとんどです。

尚、ドラッグストアで勤務する管理薬剤師であれば、棚卸や商品管理、従業員のシフト管理、ディスプレイ管理、顧客対応など、薬剤とは関係が無い仕事も加わってくるため、大変多忙だといえるでしょう。

このように、管理薬剤師になるためには、資格は必要ないとはいえ、どのような職場で管理薬剤師として活躍していきたいのかによっても、身につけるべきスキルや知識、経験が異なってくることが分かります。

そのため、今後、管理薬剤師を目指すのであれば、どのような分野で働いて行きたいのかを明確にしておく必要があるでしょう。 その結果、転職する必要がある場合は、希望に近い職場に転職するためにも、自力で求人を探すのではなく、条件が良い非公開案件を多数扱っている、薬剤師専門の求人サイトの利用を検討してみてはどうでしょうか。