管理薬剤師を目指している方は要チェックです!

管理薬剤師 → 管理薬剤師の仕事内容は?

管理薬剤師の仕事内容は?

管理薬剤師は薬剤師としての仕事と管理職としての仕事、 両方の役割の仕事があります。

一般の薬剤師に必要なのは主に薬の知識ですが、管理薬剤師に求められるのはそれだけではなく、保管されている医薬品の在庫の把握、MRへの対応や勉強会を行う、スタッフの管理・マネジメント、など、幅広い分野での知識・経験が必要になります。
助産師求人:助産師の仕事のやりがいについて

医薬品の卸会社や製薬会社に勤務すると、 監督官庁という医薬品の取扱いの許可などを行っている官庁に 申請を行ったり、医薬品の在庫管理、 使用出来る期限や品質の管理も行います。

新しい医薬品についてはデータとして情報の管理をしたり、 安全性や品質についての確認作業を行ったり、 MRにその医薬品について勉強会を開催したりします。 勿論、勉強会をどのように行うかも自分の仕事として含まれています。

特に勤務先が企業になる場合、法律を順守しなければならないため、 医薬品の管理業務が多くなります。 薬事法や薬剤師法などの法律の知識は全般的に把握し、 情報の管理をするなど事務的な業務も多くなります。

薬局やドラッグストアなど、医薬品を販売している店舗が 勤務先の場合、お客様との対応が多くなります。 お客様が服用する薬について相談・アドバイスを行う以外に、 こちらでも販売している薬の管理を行います。

販売している薬の棚卸しや発注業務は 店舗のスタッフではなく 管理薬剤師の仕事になります。 また、店舗に勤務しているスタッフの管理も行う必要があります。 お客様と距離が近い立場になるため、薬の売れ筋商品の ラインナップの検討、POPを作成しての販売促進など、店舗運営的な 業務が多くなります。

管理薬剤師も勤務先によって、 その詳細な内容は少しずつ異なってきます。 自身の適正に合うような勤務先を選択すれば、 自分がやりたいと思える部分が 多くなりますし、経験もスムーズに 積んでいくことが出来ます。 情報収集に、転職エージェントサイトの求人情報を 見てみるのも第一歩として良いステップです。